志津川湾の自然:2つの重要な特徴〜ラムサール条約登録へ向けて〜

【資料・教育用映像】

南三陸町の志津川湾は暖流と寒流が混ざり合い、様々な生物が共存する多様性豊かな海域となっています。この多様性を維持し、貴重な資源を活かすため、町ではラムサール条約湿地への登録を目指しています。
南三陸町の貴重な自然を映像でご覧ください。

※水中の藻場の様子は、毎年6月に椿島周辺で行われているモニタリングサイト1000調査(藻場サイト)で撮影された映像です。
参考:モニタリングサイト1000(環境省)
http://www.biodic.go.jp/moni1000/algalbeds.html

クライアント

南三陸町ネイチャーセンター準備室 様

作成日

2017年

URL

https://youtu.be/-WqUHRhugRY

  • ディレクション
  • 撮影
  • 編集
Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
Spotify
Consent to display content from Spotify
Sound Cloud
Consent to display content from Sound